自分を変えようとしてはいけないよ

静かな幸せと感動が訪れる

思いやりの中で生きようじゃないか

 
現在の心のわだかまり、自分の感情・思考パターン、思い癖に気づこうとしたり、過去の心の傷と感じている部分に触れる必要のある時、そのプロセスに思慮ある楽観さが加わると近道が現れます。

ただ深刻になって自分を追い込めば辛くなる結果を招き、さらに硬直して頑張る方向か諦めの気分、誰かへの嘆きへと向かい、苦しみの中で解決を見出そうとしてしまうことがあります。しかし、残念ながらそこにはいつもの堂々巡りのループがあるだけです。

変容とは「自分を変えるための努力」は必要ありません。無理強いすれば自分から嫌われ恐れられてしまい、心は閉塞してしまい逆効果です。また。自分が嫌いなままでは変容プロセスはいつまでも始まらず、だからと言って自分を好きになる方法を模索し努力を重ねても深いところではその違和感を拭えません。

全く新しい視点が内側にあることに気づき、それを実際に体験を通してさらに納得を深め、自分自身を自分でクリエートできる力を養うことが必要なのです。


これは自己重要感と自己信頼、問題への対応力、心の回復力が自ずと上がるので、生きていることにゆとりを感じられ、事情が生じて感情が伴おうとも、冷静で落ち着いた自分と共にいることがわかります。

変容の道のりは、私たちは今までもそのように生きてきた旅路と同じです。ただ、今までと同じ道は歩かないという選択をし、新しい道を安心して創造する形に変わります。変容プロセスとは『生きる』であり、いつもの「当たり前」から新鮮さを発見したときワクワクが生まれ、前向きな新しさがある生き方を続けるということなのです。

新しい自分とは大変静かにやってきて馴染みます。快を伴う興奮と瞬間的な高揚感の感覚的な嬉しさの満足ではなくて、今まで深いところで求めていた慶 (よろこび) が別次元で生活の中に現れ、少しずつ自己の関係性が強化されていく中で、継続的な静かな感動とその愉しみがその都度巡ってきます。

秩序ある手順の道理は小さな悟りを繰り返し得ていく姿勢としてこの先に続きます。この姿勢が自分を高め、仲間を愛し大切にしようとする気持ちを育てます。人は望めばどこまでも豊さを拡張できるようになっています。

一人ひとりが感じる「生きやすさ」に到達すれば、それは最高です。
様々なベクトルで必要な魂体験を積み重ねている同士との関わりの中で、『今』の自分を知ることを露わにし、『本当に自分が望むこと』に気付かされながら「生きやすさ」も変化していくのです。


何かを地道にコツコツと…いう重いイメージを一切捨てていきましょう。実態はただ誠実に「生きる」だけです。そして、いずれ知ることができるあなたの統合的全体性を見に行きましょう。

新しいステージの始まりです。